川崎大師の初詣2017年版 参拝人数や混雑する時間は?

お正月

毎年、たくさんの参拝者が訪れる川崎大師の初詣。

混んでいるのは分かっているけど、なるべく待たずに参拝したいですよね。

そこで初めて川崎大師に初詣に行く人にも役に立つ、混雑する時間やアクセスなど知っておきたい情報を幾つか紹介したいと思います。

 

川崎大師の初詣の人数(人出)はどのくらい?

川崎大師の参拝者は三が日だけで300万人を超えていて、日本でも10位内に入る参拝者数です。

それだけのご利益があるという表れですが、川崎大師は特に厄払いで有名です。

自家用車のお祓いもしてもらえますよ。

 

混雑する時間を日別で見た結果、おすすめの時間帯は…

川崎大社の大本堂は参拝時間が決まっています。

12月31日6:00〜1月1日20:30

1月2日、1月3日6:00〜19:30(変更あり)

1月4日以降、6:00〜18:30(行事のある日は変動あり)

境内は終日解放されていて、平常時は6:00〜18:00となっています。

 

参拝者の動向として31日はNHKの歌番組が終わってから、または周辺で開催されるカウントダウンライブが終了してから、大きな人の流れがあるようです。

元旦は、少し暖かくなってきた午前中から陽が暮れるまでの時間に参拝者が集中します。

大方の予想では混雑のピークは0:00〜3:00、9:00〜15:00となっています。

ですから、単純にこの時間を避ければ良いという話になります。

ただ、ここ数年は、川崎大師にカウントダウンライブを終えたアイドルが初詣に来るという噂が広まってしまい、深夜以降もおっかけのファンが集まっているそうです。

元旦の京急線の一部は終日運行ですから、周辺の電車が動いていない4時〜5時あたりが一番、人出が少ないと予想できます。

 

少し仮眠をとって4:00頃を目指すのも方法です。

普通に考えると活動しにくい時間ではありますが、激混みを覚悟して2,3時間待つか、少し無理して待ち時間を少なくするか、どちらかといったところですね。

NHKの歌番組や年末の特番は録画するという人は22時頃から出かけておくのもいいかもしれません。

また、元旦の日暮れ頃も人出は落ち着きます。

初詣としては出遅れた感はありますが、それでご利益が減るわけではありませんので割り切って参拝しても良いと思います。

 

以上から待ち時間が少ないと予想できる時間帯は…

12月31日23時まで1月1日4時〜5時

1月1日16時〜

1月2日以降は早朝と日没前

4日以降は混雑も解消していきます。

 

下の動画は2015年年末の川崎大師の混雑ぶりが分かる動画です。

川崎大師初詣、プラカード誘導2015

電車、車でのアクセスと注意点

電車 川崎大師駅から徒歩8分
バス  川崎駅東口バス乗り場7番から
川崎鶴見臨港バス【川23系統】大師行き、大師バス停から徒歩8分
自動車  首都高速横羽線、川崎線、大師出口からすぐ

 

<<駐車場情報>>

出口のすぐ近くに川崎大師自動車交通安全祈祷殿があり、川崎大師の参拝者は駐車場が無料で使用できます。(700台まで収容)

〈駐車場の利用時間〉8:00〜17:00

12月31日は終日使用可。

1月1日〜1月31日は、駐車状況により時間が変更。

 

ただし、車で行っても駐車場に止められるかは運次第です。

国道409号も凄まじい渋滞ですから、何回かグルグル回れば止められるというレベルではありません。

交通規制もありますので、その時間帯は最寄りの駅周辺に車を止めて電車を利用するのがおすすめです。

交通規制

12月31日22時〜1月1日19時

1月2日、3日10時〜19時

川崎大師表参道や東門前駅前通商店街は歩行者専用道路になります。

国道409号と国道132号の間の地域、その周辺地域の一部は車両通行止めになりますのでご注意ください。

トイレと近くのコンビニ情報

川崎大師のトイレ情報

待ち時間が長いと体も冷えてきますね。そこで困ってしまうのがトイレです。

お酒を飲んでいるとトイレも近くなってしまうので、行きたくなってからトイレに行っても長蛇の列になっている可能性があります。

女性は特に待ち時間が長くなりがちですから、早めに行く事とあらかじめトイレの場所を確認しておくと安心ですね。

境内のトイレは4箇所あります。

• お護摩受付所
• 信徒休憩所
• 薬師殿
• 信徒会館

行列のできる場所にある、お護摩受付所のトイレは混み合うでしょう。

川崎大師近くのコンビニ情報

川崎大師最寄りのコンビニは以下の2つになります。

・ミニストップ川崎大師前店
・セブンイレブン川崎大師東門前店

あとは駅周辺と国道409号、132号線にもあります。

大師公園に寄って帰るのもおすすめ

川崎大師のすぐ近くには、大きな大師公園があります。

お天気が良ければ園内を散策するもよし、芝生広場や大型遊具もあるので参拝で並ぶのに飽きてしまった子どもさんの機嫌は確実になおるはずです。

公園内には藩陽市から送られた中国庭園「藩秀園」がありますが、雰囲気も良く、写真撮影スポットになっています。

ローラー滑り台や大人も遊んでみたくなるような大型遊具があり、夏場は水遊びもできます。

有料駐車場もありますが、三が日は交通規制があるのでご注意ください。

まとめ

川崎大師で厄払いする人は、他の神社とは違って厄年の数え方が満年齢になっていますので、了解の上で参拝してくださいね。

寒い中、長時間並んで「新年早々、大変な目に遭う…」と思うかもしれませんが、参拝の苦労も“厄のがれ”の為と思えば気持ちも変わってきます。

くれぐれも怪我なく参拝が無事に済みますよう、お祈りしております。

お正月
アーカイブ
たいようをフォローする
スマイル家族ライフ!

コメント