恵方巻き2017年はいつ食べる?驚きの由来とは?!

季節の行事・習慣

2月の節分が近づくと、店頭にたくさんの恵方巻きが並びます。

今や豆まきと同じぐらい定番になってきた恵方巻きは、どうして節分の日に食べるのでしょう。

恵方巻きの意外な由来を知ることで節分の過ごし方も変わってくるかもしれません。

  

恵方巻き2017年はいつ食べる?

恵方巻きは節分の日に食べます

節分については、節分の由来と食べ物についての記事でもかいせつしています。

2017年の節分である2月3日に、今年の恵方である北北西を向いてがぶっといただくわけです。

節分と恵方について少し解説

ところで、節分は年に4回あるのはご存知でしたか?

立春、立夏、立秋、立冬の前日が季節の分かれ目ということで「節分」と呼ばれています。

だから、節分は冬だけではないんです。

テレビで季節はずれの恵方巻きのCMを観て、「何で今頃?」「便乗しすぎ!」と思った人もいるかもしれません。

でも、節分の恵方巻きとして売り出すのは間違ってないんですね。

昔は季節毎に節分の祭事は行われていましたが、だんだん減ってきて一般的に節分と言えば2月の立春だけになってきました。

立春については、立春についてでも取り上げています。

では、恵方巻きの「恵方」とは何かというと、日本で古くから信仰されている陰陽道に関係があります。

陰陽道では福をもたらし厄難を寄せ付けない神様(歳神様)が存在し、年が明けると歳神様がお越しになる方角も移動します。

その方角が「恵方」と呼ばれているのです。

元旦にその方向にある寺社にお参りに行くことを恵方参りと呼びますし、昔から日本人は恵方に敬意を払い、生活に取り入れてきたのです。

ですから毎年、恵方が変わるのはそのためなんですね。

では、どうして恵方とお寿司がコラボしたのか?

その経緯は、恵方巻きの由来から読み取ることができます。

恵方巻きの驚きの由来とは?

そもそも今のような巻き寿司が生まれたのは、板状の海苔が普及した江戸時代のことです。

関西では一度でたくさんの具が食べられる太巻き、関東ではこだわりのネタの細巻きが流行しました。

そして、昭和初期になって大阪を中心とした関西方面で恵方巻きの風習が始まったと言われています。

今では色んな種類の恵方巻きがありますが、七福神にあやかって具材が7種類の巻き寿司がポピュラーです。

関西出身の人に話を聞くと、確かに子どもの頃から節分は焼きイワシと恵方巻きを食べていたと教えてくれました。

でも、恵方巻きという名前はなかったそうです。

「お寿司丸かぶりするで~」、「今年はあっち向いて食べや~」と言われて、その通りにしていたそうです。

いつから恵方巻きという名前になったかは知らないそうなので代わりに調べてみました。

そして、調べてみると意外な事実がどんどん出てきました!

まずは…

恵方巻きと名付けて売り出したのは誰だ???

恵方巻きと名前をつけて大々的に売り出したのは、日本中の誰もが知っている某コンビニエンスストアだったのです。

関西の風習に目を付けた某コンビニエンスストアが「恵方巻き」と名付け全国に定着させるために仕掛けたんです。

「恵方巻き」という名前の巻き寿司の歴史は浅いんですね。

恵方巻きは平成生まれ

関西出身の人が子どもの頃は名前が無かったと言う通り、恵方巻きが生まれたのは1989年で、全国発売は1998年(平成10年)だそうです。

なんと恵方巻きは平成生まれ。

平成10年と言えば、日本中が映画「タイタニック」に涙して、「だっちゅーの!」が流行った年。

そんな年に恵方巻きは全国デビューしていたのです。

諸説ある恵方巻きの起源

販促の為に仕掛けられた恵方巻きの売り出しですが、大元の起源は今も謎のままです。

今でも特別な日はお寿司!というご家庭も多いでしょうし、昔から節分も巻き寿司を食べていたと考えられます。

そして、祭りの途中で切る手間を省いて丸かぶりで食べたという説もあります。

また、戦国武将が丸かぶりをして戦に勝ったという史実にあやかりたいから、という説もあります。

でも、どれも記録としては確たるものでは無いようです。

その中で最も有力なのは神聖なものとは正反対な驚きの説でした。

恵方巻きは遊郭の遊びから生まれた!?

遊郭が公然と認められていた時代の話です。

お金持ちのお客さんが同席した女性に巻き寿司一本を丸かぶりで食べさせて競わせる、という遊びがあったそうです。

また、2月は当時流行っていた漬物が完成する時期なので、それを花町では巻き寿司にして祝っていました。

ですから、花町で遊びに使ったり、祝い事に使っていた巻き寿司に目をつけたお寿司屋さんが、昔の花町の粋な風習として宣伝して売り出したという説です。

花町と聞くと女性は敬遠しがちですが、恵方がくっつくとありがたい印象に変わりますよね。

たくさん売る為に民衆が飛びつきそうな触れ込みで売り出す方法は昔から使われていたのです。

まとめ

とはいえ個人的な見解としては、恵方巻きの風習はこれからも残って欲しいと思います。

恵方巻きに対して馴染みの無かった人、特に関西人が苦手な人は関西発祥ってだけで抵抗があるかもしれません。

ここまで読んで、これから食べるのを辞めたくなった人はごめんなさい。

でも、待ってください!

クリスマスやバレンタインのように企業の販促で定着した季節のイベントは他にもありますよね。

それに節分は厄を払い、福を招くお祭りです。

恵方巻きには無病息災を願う日本人の想いが込められているのは間違いありません。

これからも節分の日に豆まきと一緒に恵方巻きを家族で楽しむ習わしが続いていくのは大いにありだと思います。

■節分、立春関連の記事
節分の由来と食べ物について
節分の豆について
成田山節分会の参加芸能人や日程について
立春について
立春大吉について

季節の行事・習慣
アーカイブ
たいようをフォローする
スマイル家族ライフ!

コメント